パークサイド横浜デンタルクリニック(関内・山下町の歯医者)のPARK SIDE 横浜ジャーナルです。

ホーム > PARK SIDE 横浜ジャーナル > 審美歯科

カテゴリ「審美歯科」

ハイブリッドセラミッククラウンが保険適応になりました

2014/03/25 | 院長ブログ | セラミック治療

4月の保険改定により様々な条件つきではありますが小臼歯に限りハイブリッドセラミッククラウンが保険適応になります。  » 全文を読む

アンチエイジングとしての審美歯科

2014/02/28 | 院長ブログ | オフィスホワイトニングセラミック治療

アンチエイジングというとお肌の張りや潤いを回復させたりシミをなくしたりすることが主流だと思います。
しかし意外と歯のホワイトニングや古くなったかぶせものを新しくセラミックなどにするだけでも相手に与える印象が変わるのではないでしょうか。口元は顔のパーツの中でも比較的大きいパーツになり、またお化粧では隠せません。
歯のホワイトニングも一度治療が終われば効果は半年以上は持続しますし、セラミックに関しては色や質感の劣化は10年経ってもほとんど変わりません。この機会に審美歯科の受診もアンチエイジングに取り入れてみてはいかがでしょうか。
関内地域でホワイトニング、セラミック治療をお探しならぜひパークサイド横浜デンタルクリニックへ

最近のお問合せ

2014/02/06 | 院長ブログ | オフィスホワイトニング

最近、ホワイトニングについてお問合せを多くいただくようになりました。その中で皆さんがお聞きになるのが「かぶせてある人工の歯はホワイトニングで白くなるのか」ということです。  » 全文を読む

セラミックを装着した画像

2014/02/02 | 院長ブログ | セラミック治療

seramikkuinnrei左から2本はアンレー(オンレー)といって歯の外側を部分的に覆う方法、左から3番目はインレーといって歯の内側の溝を削って詰める方法です。メリットは白くきれいな仕上がりになり口元も明るくなります。デメリットは金属修復より歯を少しだけ多めに削る必要があります。
インレー、アンレーの選択は虫歯などの歯の欠損状態によって決まります。
銀歯の色が気になる方はお気軽にご相談ください。
関内の歯科、虫歯、歯周病、日曜診療ならパークサイド横浜デンタルクリニックへどうぞ

オールセラミッククラウンとファイバーコアの関係

2014/01/28 | 院長ブログ | セラミック治療

オールセラミッククラウンは光の透過性が高いため金属の土台(メタルコア)が歯に装着されていると黒っぽく透けてしまいオールセラミッククラウンのメリットがデメリットになることがあります。そこでファイバーコアという土台を使います。ファイバーコアはグラスファイバーというガラス系の繊維とレジン(アクリル樹脂に近い)を使い金属を一切使いません。色も象牙質に近い色を選べるのでオールセラミッククラウンと併せて使用すると、非常に審美性が高くなります。オールセラミッククラウンにファイバーコア、これが基本になります。
関内、みなとみらいの歯科、ホワイトニング、セラミック、口臭、歯周病予防でお探しならパークサイド横浜デンタルクリニックへ

ラミネートべニアという選択肢

2014/01/23 | 院長ブログ | セラミック治療

ラミネートべニアという治療法をご存知でしょうか。前歯で一本だけ歯の色が黒ずんでいたり歯の傾きや位置がずれている場合、歯を全周削ってオールセラミッククラウンやメタルボンドクラウン(メタルセラミッククラウン)で治す方法もありますが、天然の歯をあまり削りたくない場合、歯の表面を0.8ミリ程薄く削りそこに希望の色調のセラミックを強力な接着剤(レジンセメント)で貼り付けます。この方法をラミネートべニアといいます。手技の発想はネイルアートに似ているかもしれません。しかしかみ合わせの状態やあごの動きが接着を剥がすようなリスクがある場合はオールセラミッククラウンなどで対応しなければいけないこともあります。

山下町 虫歯 歯周病 歯科
パークサイド横浜デンタルクリニック

123

TEL: 045-211-2206

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

診療時間:

【月・火・水・木・日】10:00~13:00/14:00~20:00 【土】10:00~13:30/14:30~20:00
【休診日】金・祝日

最新の記事

ブログ選択

カテゴリ

月別アーカイブ

PAGE TOP